タイムレコーダーの多機能化とその選定の必要性

###Site Name###

タイムカード制で勤怠管理を行っている企業は多く、従業員は毎日出社と退社の際にタイムカードをタイムレコーダーに通すことによってその記録をつけていきます。


そうすることによってタイムカード上には日付と時刻が印字されていき、自分が確かにその時刻に出射あるいは退社したということを理解することができます。

タイムレコーダーの情報ならこちらで掲載されています。

そういった習慣に慣れているとタイムレコーダーというのは正しい時刻を印字するためのものだと考えてしまいがちです。



しかし、こういったタイムレコーダーはタイムカード制が開発された初期に考案されたものであり、現代ではより高機能なタイムレコーダーも登場しています。


その機能拡張の方向性も開発を行っている企業によって異なっており、カタログを見て比較検討してみることで導入すれば業務効率をあげられると期待できる製品も多数見つけられるでしょう。


一つの方向性が印字内容の多機能化であり、出社や入社だけでなく、外出についても記録できるようにしたり、日付をまたぐ際に午前1時を25時といった形で記録することで集計を容易にする機能を付したりするものが登場しています。

もう一つの方向性が出力の多機能化であり、個人ごとに打刻された内容をプリントアウトしたり、USBを通してパソコンに出力したりできる機能があるものも登場しています。

こういった機能に着目して現場でより使いやすいものを選定すると、勤怠管理の業務がより円滑に行えるようになります。

GIRL'S TALK - Ameba情報を楽しくお得に利用しましょう。