給与計算ソフトと連動したタイムレコーダー

###Site Name###

タイムレコーダーも日々進化しており、付属の勤怠管理ソフトにおいて、管理ができるなど、管理担当者の手間が省けるような仕組みをもったものが多く登場しています。
ただ、勤怠管理とプラスして、給与計算までが管理担当者の仕事であり、結局は給与計算において入力する手間が出てきてしまう問題がありました。



そこで、勤怠管理で集計したデータを市販で売られている給与計算ソフトに取り込めるよう、変換してくれる機能をつけたタイムレコーダーが出てきています。

タイムレコーダーについての知識を高めてもらうためのサイトです。

タイムレコーダーにUSBメモリーを装着できるところがあり、タイムレコーダー内部のデータをUSBメモリーで取り出し、それをソフトの中に入れると、簡単にデータを取り込めて様々な集計作業を行うことができるようになっています。また、タイムカードでの打刻も行われるため、万が一何かあってもその確認を行うことができます。

特別なnanapiに有効なサイトです。

チャイム機能もついているため、例えば始業時間や終業時間、お昼休み、この時間までには絶対帰ろうと決めている時間などで鳴らすことができます。
また、最近では電波時計を用いているタイムレコーダーもあるため、わざわざ時間を合わせる必要もなければ、不正して時刻を遅らしたり、進めたりすることもできないようになっています。

ソフトで管理することで1か所の事業所だけでなく、たくさんある事業所のデータを集約することができるため、特に大企業などでよく使われています。


少ない人数でこうした作業は行われますが、作業効率を上げ、その分、ミスがないかのチェックに時間を割けるので、ソフトと連動できるものは重宝されています。