勤怠管理の種類と方法

###Site Name###

勤怠管理は、従業員の給与を計算するうえで、なくてはならないシステムです。

勤怠管理の方法は時代の流れとともに変化し、現在では大きく二つの種類に分かれます。昭和の時代の主流で今でも残るのが、タイムレコーダーによる管理です。



システムにお金をかけられない中小企業では今でもこの方法をとっています。

事務所形態の小規模な会社であれば、玄関先に、ビルであれば従業員通用口に設置されているのが普通です。


この方法のメリットは、必ず設置場所を通過するため、押し忘れがないことです。

Yahoo!ニュースの有益な情報をお届けします。

持ち帰るわけではないので、紛失の可能性もほとんどありません。

デメリットはアナログなタイムカードですので、事務員が手作業で勤務時間を計算しなくてはならないところ。
さらにごく稀でしょうが、同僚に押してもらうという不正が可能であること。


一方で、平成以降急速に広まったのが社員証のバーコードをスキャンするデジタル方式によるシステムです。

小売店の場合はレジスターに勤怠管理のボタンがあり、勤務に入る前にスキャンします。

このシステムのメリットはなんといっても管理から計算、記録の送信まで一括して簡単に行なえるところ。



昔に比べ経理部の作業は大分軽減されました。
社員証へのスキャンなので他人のカードを間違って取ってしまうようなミスもなく、写真入りの社員証であればさすが不正はしずらいでしょう。


さらにデジタル管理ですので、紙媒体の保存が必要ないため経費の削減にもなり、多方面でメリットが大きいシステムといえます。